着物アラカルト

トップページ > 着物アラカルト

袷を着る時期

10月から翌年の5月までは、原則として袷を着ます。 着物は裏地が付いた物です。長襦袢は裏地付き、又は袖が無双で胴の裏が抜いて有る物に、塩瀬羽二重や縮緬などの衿を用いる。
帯は透けない袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯などを締めます。
帯揚げは綸子に絞りの施した物や、縮緬、綸子などに加工を施した物を使います。帯締めは丸組や平組の透かしの無い物を締めます。
足袋はキャラコの白を履くのが良いでしょう。
バッグ、草履は皮製、エナメルや布製で、夏用で無い物を用います。 礼装や、順礼装の場合は原則にしたがって着用した方が良いでしょう。
袷とは・・・
裏地を付けて仕立てた着物の総称。
男物袷着物の裏地は通し裏(胴裏、八掛けが一つの生地)で、女物は、胴裏、八掛けを用いて仕立ます。

単衣を着る時期

単衣を着る季節は、原則として、6月と9月になります。6月は単衣の着物を着て、襦袢も袖も単衣の物を着用します。衿も塩瀬や、縮緬などを掛けます。
帯も袋帯や名古屋帯などを用いますが、中旬からは、襦袢は絽や紗などの透けた単衣仕立の物に、絽の衿を掛けた物を用います。 季節の先取りの原則で、帯も絽や、紗、羅の袋帯や名古屋帯などを用います。
帯揚げも中旬までは透けない物、それ以降は絽や、紗などの生地に加工を施した物を使います。草履、バッグも涼しげな物を使います。 9月は少し着方が違い、厚さも盛りを過ぎて光の真夏、夏至から70日を過ぎていますので、先取りの原則にしたがって、帯は秋を感じさせる色、柄の透けない袋帯や、名古屋帯を締めます。帯揚げ、帯締めも透けない物を使います。 草履、バッグも秋らしい物を持ちます。

単衣とは・・・
裏地を付けずに一重に仕立た着物。付属品は、衿裏や、背伏を付けます。

薄物を着る時期

薄物を着る季節は、原則として、7月と8月になります。 薄物とは絽や紗、羅などの透けた生地を指します。透けた着物に、絽や紗、絹や麻の生地などを単衣仕立にした長襦袢に絽の半衿を付けます。
帯も同じく透けた織物、絽や紗、羅などの袋帯や名古屋帯を締めます。
帯揚げも、帯締めも透けた素材の物を使います。
草履、バッグも涼しげなすっきりした物を用います。

薄物とは・・・
絽、紗、羅などの織物、染物を単衣仕立した着物。
着物お仕立て
着物のお仕立て
帯のお仕立て
着物の種類と説明
帯の種類と説明
着物アラカルト

きもの販売・お仕立て「きものこれくしょん」
お問い合わせは
以下の電話番号もしくは
フォームよりお願いいたします
お電話:075-344-6556
フォームからのお問い合わせはこちら
お仕立てサイズ・見本帳

日用雑貨通販ジパング

ページのトップへ

オフィシャルFacebook