着物の種類と説明

トップページ > 着物の種類と説明

黒留袖

既婚女性の第一礼装。黒地に絵羽柄になった裾模様のみあるのが特徴で、家紋は背中、前の左右、袖の左右の計5つ入れます。生地、意匠、加工方法、彩 色等工夫が凝らされて、「松竹梅」や、「鶴、亀」などの祝い柄である吉祥文様が主流です。主に身内の結婚式、お宮参り等に使われています。仕立は比翼仕立てと呼ばれ、現在では、着易くするため衿や裾だけを二枚重ねた様に仕立てています。

色留袖

黒留袖と同じく既婚女性の第一礼装である色留袖ですが、未婚女性も着用出来ます。 紋の数が三つ紋(背中、前の左右)または一つ紋(背中)の場合、もしくは五つ紋付(背中、前の左右、袖の左右)でも下襲を略した場合は略礼装になります。黒以外の地色で染めた裾模様のみあるのが特徴です。一般的には紋の数が多い方が格が上とされています。主に婚礼、お祝い事の集まり、披露パーティ、結納等色々の機会に用いられます。 五つ紋と、三つ紋は比翼を付けますが、一つ紋の場合は比翼は付けません。

振袖

未婚女性の第一礼装。袖の長さは足のくるぶしまであるのが本振袖、それより少し短いのが振袖です。裾は共布で引き返しになっている豪華な衣装です。
染め方の技法も絞り有り、友禅有り、ロウケツ、型絵染め等を用い、その上に刺繍、箔置き等が加わってとても素晴らしいものです。本来は5つ紋付本襲が本来の形です。成人式の衣装、お友達の結婚式や卒業式の晴れ着、謝恩会など大いに用いられます。

白無地

黒以外の色で染められた、柄のない無地の着物のことです。ちりめん地か地紋の入った紋綸子(もんりんず)を使います。合わせる帯によって幅広い装いになるために、最近はお嫁入りの着物としてまず色無地を選ぶ方が結構いるようです。
喪の帯をしめれば略喪服となりお通夜や法事に着用できますが、地色を控えめにするとともに、地模様におめでたい柄などを使用しないように注意しなければなりません。 又、一つ紋を入れますと、慶弔両用の準礼装になります。

訪問着

既婚・未婚を問わずに着ることのできる略礼装です。前後裾、肩、胸、袖などに文様を絵羽付けし(白生地の着物の形に仮仕立てし、文様を下書きすること)染め上げたもので、振袖の袖を切ったような華やかなものから、小さい柄の控えめなもの等様々あり、好みを反映させやすい着物です。
お見合いや結納、年始などの正式な訪問、正式な茶会、七五三(母親)、パーティ等に出席するようなときには、特に役に立ちます。

附下げ

既婚・未婚を問わずに着ることのできる略礼装です。
基本的に訪問着と同じ絵羽模様ですが、訪問着は白生地を着物の形に仮仕立をし、紋様を下書きして染め上げますが、附下げは反物のまま染めて基本的に縫い目に柄が渡らない柄行なので訪問着より軽い外出着とみなされます。

小紋

縞、格子、絣をのぞく着尺模様に染められた着物で、外出着として利用します。江戸小 紋、友禅小紋、紅型小紋等が代表的ですが、ロウケツ、絞り、友禅等の技法を駆使して複合的な作品も多く制作されています。友禅染の着物が1番多く、模様によっては略礼装、街着と幅広い装いになります。

絹織物の一種で、糸を先に染めてから反物に織り上げて作ります。
縦糸、横糸とも真綿から紡いだ紬糸を用い、柄に合わせた色染め、色の組み合わせによって縞や格子、また絣などの柄を織り出す事が出来ます。 昔は普段着とされていましたが、現在では軽い外出着として着られるようになりました。
習い事や、友人との気負わないおしゃれに向く着物です。

喪服

本来は、喪に服して者が着する着物の意味です。 不祝儀における正装。
明治30年代に皇室の葬儀の祈りに欧化政策の影響で欧米の喪の色である黒が喪の色とされ、大正期以降に黒が普及し、現在の形になりました。
紋は五つ紋で、実家か婚家のどちらかの紋を入れます。 どちらを付けるかはその地域の習慣にもよりますが、一般的にどちらの家が購入したかによって紋が決まります。
着物お仕立て
着物のお仕立て
帯のお仕立て
着物の種類と説明
帯の種類と説明
着物アラカルト

きもの販売・お仕立て「きものこれくしょん」
お問い合わせは
以下の電話番号もしくは
フォームよりお願いいたします
お電話:075-344-6556
フォームからのお問い合わせはこちら
お仕立てサイズ・見本帳

日用雑貨通販ジパング

ページのトップへ

オフィシャルFacebook